建物の構想段階からご相談下さい(2018年6月18日)

| コメント(0)


こんにちは!

弊社はリゾートテイストの家具を製作している関係で、別荘などに納品させて頂くことが非常に多い会社だと思います。

最近では、設計士さんからご相談を頂き、建具などを製作させて頂くこともよくございます。

お客様からは、「設計士さんと打ち合わせしても、なかなかこちらの希望が伝わらない・・・」という話をよく伺います。

最近では、ネット等の普及により、お客様サイドが非常に情報をお持ちで、専門家以上に詳しいお客様が少なくない・・・ということがこのような状況を生み出している原因ではないかと推察致します。

いくら専門家と言っても、設計士さんは「設計のプロ」であり、「モダン・アジアンな建物に・・・」とか言われても、対応出来る設計士さんは限られてしまうのではないでしょうか?


そのような際に、何か具体的なイメージを伝えることの出来る資料があると、お客様のご意向を正確に伝えることが可能だと思います。

弊社では、時々、構想段階からご相談を頂くことがございます。

添付の画像は、とあるお客様からご相談を頂いた際に作画したイメージスケッチですが、土地の大きさや形状、傾斜に合わせ、どのような建物が良いかを検討させて頂いた物です。

この程度の簡単なイメージ画像であれば、おおよそ1時間もあれば作画出来ます。

家具だけではなく、建物の構想段階からぜひお気軽にご相談ください。



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ  www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ     www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ        www.round-one.jp/blog/



bessou-700.jpg

高台に位置する、海一望の別荘です。

bessou-2-700.jpg

大きなベランダが特徴です。

お客様より写真をお送り頂きました(2018年6月13日)

| コメント(0)


こんにちは!

先日来、ご紹介をさせて頂いている、スタイリッシュなデザインのラウンドテーブルですが、本日、お客様にお届けさせて頂きましたところ、早速、お部屋に設置頂いた際の写真をお送り頂きました。

従来からお持ちのチェアに合わせて頂いたのですが、サイズ感及びデザイン、色合いを含め、はまり過ぎ!といった感じです!

弊社はアジアンテイストの家具をメインに製作させて頂いておりますが、最近はこのようなモダンなデザインのテーブルをよく製作させて頂きます。

ラウンドテーブルは、あまり市場で販売されていないかと思います。

「デザインなどは気に入っているものがあるけど、サイズ的にうちにはちょっと・・・・」という場合は、ぜひお気軽にご相談ください。



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ  www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ     www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ        www.round-one.jp/blog/



l-type table-700.jpg

直径110センチのラウンドテーブルです。

仕上げ前のガラスの飾り棚です(2018年6月12日)

| コメント(0)



こんにちは!

以前、こちらのブログでもご紹介をさせて頂きました、ガラスの飾り棚ですが、おおよその形が出来上がりました。

前面を扉としており、この部分を開けることでディスプレイする物の出し入れを行います。

このようなデザインのキャビネットは、あまり弊社では一般的ではない為、今後もこちらのブログで製作状況をご案内させて頂きたいと思います。


デザイン的には、装飾が少なめのすっきりしたデザインです。

綺麗な感じに仕上がるよう、木材は木目が目立たない「マホガニー」をチョイスしております。

完成が楽しみなガラスの飾り棚です。


アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ  www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ     www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ        www.round-one.jp/blog/


扉クローズ-700.jpg

材質はマホガニーをチョイスしています。

扉オープン-700.jpg

扉を開けるとこんな感じです。


こんにちは!

既に何度かご紹介をさせて頂いている、直径110センチの丸テーブルですが、個人的には非常に「カッコ良いテーブルが出来た!!」と考えております。

出荷前に撮影させて頂きました、別角度の画像も(しつこい様ですが)ご紹介させて頂きます。


こちらのテーブル、もちろん弊社が得意とする「アジアンテイスト」ではございません。

これ以上ないというぐらい、「モダンテイストのラウンドテーブル」だと思います。


厚い天板をわざわざ削ってスラントさせているなど、非常に贅沢な作りですが、このテーブルのデザインには非常にマッチしているように思いますがいかがでしょうか?


写真のテーブルは直径が110センチですが、もちろん他のサイズでも製作が可能です。

例えば、直径140センチで製作する場合には、もう少し脚部を太くするなど、全体的なバランスを見ながら調整させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい。



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ  www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ     www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ        www.round-one.jp/blog/



IMG_1921-3-700.jpg

モダンスタイルのラウンドテーブルです。

モダンデザインのTVボードです(2018年6月6日)

| コメント(0)


こんにちは!

6月1日にコンテナの引き取りがあり、ようやく出荷が一段落となったところで、直ぐに出張が入りました。

今回の出張は大阪と兵庫県で、昨日、深夜に帰社致しました。


いつもながらではございますが、お問い合わせを頂きましたお客様には十分なご対応が出来ず、誠に申し訳ございませんでした。

さて、本日は「モダンなデザインのTVボード」をご紹介させて頂きます。

最大の特徴は、厚さ5センチの扉です。

5センチ厚の扉を作成し、写真のような独特な形状に傾斜を設けております。

非常に珍しいデザインですので、今後も進捗をご紹介させて頂きます。



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ   www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ      www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ         www.round-one.jp/blog/



楠本様 TVボード-700.jpg

他にはない、独創的なデザインです。

寄木細工の丸テーブルです(2018年5月31日)

| コメント(0)


こんにちは!

明日はコンテナの引き取り日になります。

オーダー頂きましたお客様、長らくお待たせ致しました。

ご指定の日時に家具をお届けさせて頂きます。

今しばらくお待ち頂けましたら幸いです。


さて本日は、只今、製作中の「寄木細工のラウンドテーブル」をご紹介させて頂きます。

直径は120センチですが、天板の厚さはなんと7センチ!

非常に凝ったデザインのテーブルになります。


天板をご覧頂くと、寄木が非常に良い感じです。

木目がよく見えるよう、アンティークホワイトで仕上げる予定です。


こんなテーブル、世界中探しても、どこにもないと思います。

ないものは作ってしまう・・・が弊社のポリシーです。



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ   www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ      www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ         www.round-one.jp/blog/



楠本様テーブル-2-700.jpg

直径120センチのラウンドテーブルです。

コンテナが入港となりました(2018年5月28日)

| コメント(0)


こんにちは!

金曜日から関西方面に出張し、昨夜、帰社致しました。

昨日、予定通りコンテナが入港したようで、只今、通関等の手続きを手配しているところです。

オーダー頂きましたお客様、大変お待たせ致しました。

お届け等に関し、順次、ご案内をさせて頂きます。

今しばらくお待ち頂けましたら幸いです。


さて、本日は、先日もご紹介させて頂きました、楕円型のテーブルの塗装後の写真をご案内させて頂きます。

「明るめのカラーに・・・」というご要望でしたので、ウォールナットブラウンの2回塗りで仕上げさせて頂きました。

材質は「マホガニー」。天板の木目はあまり目立たず、綺麗な仕上がりだと思いますがいかがでしょうか?



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ  www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ     www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ        www.round-one.jp/blog/



kou-table-700.jpg

楕円型のテーブル。ヨーロッパ調のデザインです。

塗装後の写真です(2018年5月11日)

| コメント(0)


こんにちは!

先日ご紹介させて頂きましたスタイリッシュなデザインのラウンドテーブルですが、個人的にはかなり気に入っており、塗装後の写真もご紹介させて頂きます。

天板と脚部で構成されるテーブルは、機能を考慮するとどのようなデザインでも良い訳ではありません。

ガタツキなどがある様ではもちろんだめですし、脚部が邪魔なようでもダメと言えます。

それでも、今回、製作させて頂いたテーブルは、非常に斬新なデザインだと思います。

改めて、テーブルのデザインというのは本当に奥深い・・・と感じております。

こちらのテーブルは、既にコンテナに積載し、横浜港に向けて航海中です。

実物を見るのが本当に楽しみです。




アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ    www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ       www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ          www.round-one.jp/blog/



l-type table side -700.jpg

天板のスラント具合が何とも言えないカッコよさです。

L-type table-700.jpg

脚部に鉄骨を内包する事により、十分な強度を確保しています。


こんにちは!

GWも残りあと2日となりました。

弊社は通常通り、土日のみの営業ということで、本日は山手店をオープンしております。

明日も通常通りの営業となります。

皆様のご来店を心からお待ちしております。


さて、本日は只今製作中のスタイリッシュなデザインの丸テーブルをご紹介させて頂きます。

写真をご覧頂きます通り、非常にスタイリッシュなデザインです。

写真のテーブルは直径が110センチのタイプになりますが、もちろん、異なるサイズでも製作が可能です。

ご興味を持たれましたお客様に関しましては、ぜひお気軽にお問い合わせください。



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ   www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ      www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ         www.round-one.jp/blog/



松村様テーブル -700.jpg

直径110センチのスタイリッシュなラウンドテーブルです。

松村様テーブル-700.jpg

天板をあえてスラントさせております。非常に軽快なイメージに仕上がりました。

楕円型のダイニングテーブルです(2018年5月3日)

| コメント(0)


こんにちは!

以前、ご紹介させて頂きました楕円型のテーブルですが、支柱の形状や台座の大きさなど、細部を変更致しました。

支柱などは以前に比べかなり細くなり、繊細さの感じられるテーブルに仕上がりそうです。

デザイン的には、バリの家具というよりも、ヨーロッパのアンティーク家具のようなイメージかと思います。

実際のアンティーク家具ですと、経年劣化により細部にガタツキなどが生じている可能性が高く、今回のように新材を利用して製作すれば、そのような心配はなく、安心です。

「あこがれのデザインのテーブルがあるけれど、入手が困難・・・」などといった場合には、ぜひ当社にご相談ください。



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ   www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ      www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ         www.round-one.jp/blog/



河本様 再製作テーブル-700.jpg

木材はマホガニー。木目が非常に綺麗です。

20180503_160318_resized-700.jpg

別角度です。

河本様テーブル(脚部台座)-700.jpg

脚部のアップです。お客様のデッサンに基づき、細かな細工を施しました。


こんにちは!

先日、こちらのブログでご紹介をさせて頂いた、「プリンターを収納可能なデスク」ですが、なかなか理想的なデザインに到達できません。

幅や奥行を広げれば簡単なのですが、あまり大きくしてしまうと邪魔になるし・・・ということで、色々と試行錯誤を繰り返しております。

特にお客様に不評であったのが、右袖の引き出し部分の幅(少し狭い)でした。

何かないか・・・と考えた結果、思い浮かんだアイデアが「プリンターの向きを変える」という方法です。


ただ、向きを変えると右袖の引き出し部分は広く出来るのですが、どうしても机の奥行を5センチ広げる必要があります。

当初、45センチであった奥行を50センチに変更してみました。


さらに思い浮かんだアイデアが、右袖と左袖の奥行サイズを変える方法です。

こうすることで、「でっぱり感」は軽減出来るのではないでしょうか?

(デスクの天板にカーブを設けております。ある意味、デザイン性の高いデスクです)


いずれにしましても、かつては実際に作ってみなければなかなか実物をイメージすることが出来ませんでした。

今ではパソコン上でシミュレーションすることが可能となっております。

便利な時代になったものです。



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ   www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ      www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ         www.round-one.jp/blog/



150×45センチ(プリンター)-700.jpg

当初、描いた150×45センチのデスク。

150×50センチ-700.jpg

奥行を5センチ大きくすることで、プリンターの向きを変えております。(プリンター上部にも扉を付けました)

150×(55、45)センチ-700.jpg

こちらは、右袖と左袖の奥行サイズを10センチ変えたデザインです。カーブしている天板がおしゃれです。

4月に宿泊したバリ島のヴィラです(2018年5月1日)

| コメント(0)


こんにちは!

GW前半の連休が終了致しましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

人によっては9連休・・・と言う方もいらっしゃるかと思います。

弊社はGW期間中も通常通りの営業(山手店の営業は土日のみ)となります。

メール等でのお問い合わせはいつでも可能です。

皆様からのお問い合わせ、ご来店を心からお待ちしております。


さて、本日も横浜地区は快晴!です。

こんな天気を見ていると、先月、訪問してきたバリを思い出してしまいます。

帰国後、まだ数日しか経っておりませんが、早くも再訪したくなっております。(それぐらい快適なヴィラでした)

まだご紹介していなかった画像を改めて掲載させて頂きます。



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ  www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ     www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ        www.round-one.jp/blog/



IMG_1775-700.jpg

ヴィラの周りは非常に贅沢な空間が広がっております(ほぼこのヴィラの為の空間です)

IMG_1796-700.jpg

レストラン側から海を臨む。宿泊した日に他の宿泊者は一人もおらず、この大きなプールがプライベートプール状態でした。

IMG_1813-700.jpg

ビーチよりヴィラを臨む。砂浜に寝そべっている人は、ヨガを行っておりました。生け垣が2メートル以上ありますので、遊歩道を歩く人はヴィラの存在に気付きません。

IMG_1804-700.jpg

室内の写真を一枚も掲載しておりませんでした。天井が異常に高いのがお分かり頂けると思います。

IMG_1758-700.jpg

大通りからヴィラまでの通路です。別荘が立ち並ぶエリアで、関係者以外は中に入れません。(警備員が立っております)セキュリティ面も全く問題ありません。

IMG_1756-700.jpg

別荘地内は花が咲き乱れております。

プリンターを収納するデスクです(2018年4月30日)

| コメント(0)


こんにちは!

GWの三連休中ということで、ご旅行などに行かれている方も多いかと思います。

弊社はGW期間中も通常通りの営業(土日営業、祭日は営業しておりません)です。


さて、早速ですが、昨日、デスクをご相談頂いているお客様に来店頂き、デザイン等の変更の申し出を頂きました。

プリンターを収納するタイプのデスクは、弊社では結構よくご用命を頂くのですが、なかなか設置後の画像がありません。

パソコンで作画したイメージ画像ですが、こちらのブログでもご紹介をさせて頂きます。


当初はL字型を想定しておりましたが、今回、一般的なI字型に修正しております。

座る部分のスペースを確保するために、引き出し部分の幅は狭めております。


3Dモデルを作成すると、寸法等の感覚が具体化し、改めるべき点なども見えやすくなります。

「なかなかイメージが具体化しない・・・」というお客様は、お気軽にご相談ください。



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ  www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ     www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ        www.round-one.jp/blog/



150×45センチ(プリンター)-700.jpg

プリンターはお客様がお持ちのプリンターと同サイズで作画しております。

150×45センチ(正面)-700.jpg

プリンターはスライド式の台に載せられており、使わない時は扉内に収納出来ます。

上部扉あり-700.jpg

プリンターの上には用紙などを収納する予定です。こちらはオープン棚ではなく、扉を付けた場合です。(この方がよりすっきりと片付けられると思います)

ガラスの飾り棚です(2018年4月23日)

| コメント(0)


こんにちは。

先日、弊社が本牧店をオープンしていた頃のお客様にご来店を頂き、ガラスの飾り棚についてご相談を頂きました。

現状、お持ちの飾り棚を気に入られているものの、お引越しに伴い、もう少しサイズの小さいものを・・・装飾も少し省いて・・・とのことでご来店を頂きました。

弊社では珍しいスタイルの飾り棚ですので、こちらのブログでもご紹介をさせて頂きます。


頂いた写真を拝見しますと、かなり豪華な装飾のある飾り棚ですが、ご提案させて頂いた飾り棚は、極力シンプルなデザインにまとめております。

K様、いかがでしょうか?



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ  www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ     www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ        www.round-one.jp/blog/



ガラスの飾り台(設置例)-700.jpg

サイズは、W:70センチ、D:40センチ、H:150センチです。

ガラスの飾り台(別角度)-700.jpg

飾り棚自体がインテリア性の高い家具となっております。


こんにちは!

インドネシアから帰国し、直ぐに国内の出張が続きました。

昨日は土曜日で、本来ですと山手店の営業日ですが、臨時休業とさせて頂きました。

ご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございませんでした。


本日は、只今ご相談を頂いている、コーナーデスクをご紹介させて頂きます。


最近では、デスクトップパソコンを使われる方は、ゲームなどをなさる方を除くと、少数派だと思います。

弊社の場合、3Dモデルを作成する関係で、自宅用のパソコンはGPUを強化しており、デスクトップを使用しております。ただ、山手店のパソコンは、VAIOの一体型で、実際にはノートパソコンと同じ性能になります。

(GPUも交換せず、標準仕様のままです)

パソコン部品の高性能化が進んでおり、一般的な利用方法であれば、ノートで十分・・・ということだと思います。


つまり、パソコン用のデスクも、従来のような本体を収納する部分は不要・・・ということだと思います。

逆に、プリンターなどを置けるスペースを確保することが重視されるのではないでしょうか?


そのような場合、コーナー用のデスクは非常に使い勝手が良いと考えます。

市販されているものでちょうど良いサイズがあれば良いのですが、ない場合にはオーダーで製作されることをお勧め致します。



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ    www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ       www.round-one.jp/blog/



90×150センチ-700.jpg

150×90センチのコーナー用デスクです。
  

先程、出張から帰国致しました(2018年4月18日)

| コメント(0)


こんにちは!

先程、出張から帰国致しました。

出張中にお問い合わせを頂きましたお客様に対しましては、十分なご対応が出来ず、大変失礼致しました。

帰国早々ですが、20(金)~21日(土)は出張を予定しており、山手店の土曜日の営業は臨時休業とさせて頂きます。

勝手を申しまして大変恐縮ではございますが、なにとぞご了承のほどお願い申し上げます。


さて、本日は、出張ついでにバリ島で休暇を頂いた際に宿泊したヴィラをご紹介させて頂きます。


バリ島を初めて訪れてから既に21年が経過しており、仕事柄、今までに数多くのホテルやヴィラに宿泊してきました。

ガイドブックなどで紹介されているような高級ホテルはもちろん素晴らしいところが多いのですが、規模が大きくなればなるほど自由度は低くなるように感じております。(ホテル内をカートで移動するのは結構面倒です。直ぐに来るとは限りませんし・・・)


また、最近ではバリ島でも土地がないため、どんどんと郊外(今までは全く何もなかった場所)に立地するようになってきているように思います。(シャトルバスを利用すればよい・・・・と言っても、時間や本数が限られており、結構不便です。タクシーが捕まる場所もまずないと思います)


レストランやワルン、スーパーなどが充実している場所となると町中になってしまいます。

そうすると、どうしてもホテルが密集した場所になってしまいます。

200㎡程度のスペースを持った豪華なヴィラも、塀に囲まれていると開放感が感じられません。


とにかく、何かを優先すると、何かを犠牲にするしかありません。

でも、今回宿泊したヴィラは、あらゆる面で及第点ではないでしょうか?

(「及第点・・・」と表現しましたが、これ以上のヴィラを見つけるのはかなり難しいと思います。私の中では理想に近いヴィラでした)

何が良いかと言いますと・・・・・・



1)価格が手頃

朝食付きで1万円程度!最近ではバリの物価は年々上昇しており、下手なロスメンでも結構な値段を設定しています。この値段でこれだけ設備が充実しているヴィラはないと確信します。


2)ビーチフロントに位置している事

バリ島がいくらビーチリゾートとは言っても、ビーチフロントに位置しているヴィラはそれほど多くありません。また、いくらビーチフロントとは言っても、ビーチから丸見えでは落ち着きません。適度な距離と生垣などがあった方がベストです。


3)町中に位置していること

大型スーパーなども徒歩数分の距離にあります。もちろん、レストランやワルンも多数。毎日、違う料理を楽しむことが出来ます。また、ヴィラから出ればすぐにタクシーなども捕まえることが出来ます。とにかく、どこに行くにも大変便利です。


4)セキュリティも安心

別荘地内に立地しており、部外者はエリア内に入ることが出来ません。


5)ヴィラはもちろん、敷地内の清掃などが徹底されていること

毎日、庭の水まきなどを行うなど、リゾートとしての環境整備も完璧です。

もちろん、室内がかび臭い・・・などといった事とは無縁です。


6)広大な敷地内に部屋は5部屋のみ。メインプールがほとんどプライベートプール状態!

本格的に泳ぐことの出来る大きさのプールです。


などなど、書き出していくときりがありません。

人気になって欲しくないヴィラですので、敢えて場所や名前は伏せておきます。

(どうしても知りたい・・・と言う方は、メールでお問い合わせ下さい)




アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ    www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ       www.round-one.jp/blog/




IMG_1777-700.jpg

宿泊したヴィラです。

IMG_1776-700.jpg

ヴィラからメインプールとレストランを臨む(メインプールは25M、ほぼプライベートプール状態でした)

IMG_1794-700.jpg

レストラン側からヴィラを臨む。宿泊者が少ないホテルの割に、プールは大きいです。

IMG_1791-700.jpg

二階のベランダからビーチを臨む。生け垣が高いため、下を歩いている人からは覗かれません。

IMG_1752-700.jpg

二階のベランダから敷地内を臨む。緑に包まれた贅沢な空間。高級ホテル並みです。

IMG_1792-700.jpg

ヴィラから数歩でビーチに出る事が可能です。

IMG_1763-700.jpg

こちらのヴィラで一番のお気に入りはこのベランダです。リビングセットが一セット、上に乗って寝そべるソファが一つ、ロッキングチェアが一脚置いてありました。海からの涼しい風が通り抜け、非常に快適に過ごすことが出来ました。

お客様より写真をお送り頂きました(2018年4月8日)

| コメント(0)


こんにちは!

4月5日に引き取りを行ったコンテナの出荷がようやく一段落となりました。

今回はコンテナが2度ほど遅延するなど、お待ち頂いていたお客様には色々とご迷惑をお掛けしてしまいました。

この場をお借りし改めてお詫びさせて頂きます。

さて、お届けさせて頂きました家具の写真をお客様よりお送り頂きましたので、こちらのブログでもご紹介させて頂きます。


下目黒にあるクリニック様で、お邪魔してみて「ビックリ!」しました。

道路から敢えて奥まった処にクリニックの建物があるのですが、アプローチ部分は緑に覆われており、バリのリゾートホテルのようです。この時期にこれだけの緑ということですと、新緑の季節などは本当に気持ちの良い空間だと思います。

※ 納品に追われてしまい、アプローチの写真は撮影出来ませんでした。


納品させて頂きましたのは、板張りのソファとベンチ、チェアになります。

チェアと言っても、並べて置くと一体のソファのような感じです。

クリニックの雰囲気に本当にマッチしているように思います。

S様、この度は誠にありがとうございました。




アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ    www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ       www.round-one.jp/blog/




IMG_0635-700.jpg

手前が一人掛けのチェア、奥がソファになります。

IMG_0642-700.jpg

こちらがベンチになります。

IMG_0639-700.jpg

別角度になります。

IMG_0644-700.jpg

ソファのアップです。

折り畳めるダイニングテーブルです(2018年3月29日)

| コメント(0)


こんにちは!

昨日、ご紹介させて頂きました超大型のダイニングテーブルですが、折り畳みの部分も色々と工夫がございます。

この点を本日はご紹介をさせて頂きます。


注意したのは以下の点です。

1)操作が簡単であること。

2)丈夫であること。

3)折り畳んでも綺麗であること。


まず、1)の簡単であるためには、メカ的に単純な金属製のヒンジが良いと考えました。

また、大型のヒンジを使えば大変丈夫であり、太いボルトで留めればビクともしない強度が確保出来るはずです。

3)の綺麗であるためには、ヒンジなどをカバーするとともに、他の部分と同一の細工を施すことで、違和感がない様に工夫致しました。


パソコンの画像では、今一つイメージが掴みにくいと思いますが、実際に木材で製作すると、もっと違和感のない仕上がりになると思います。



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ  www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ     www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ        www.round-one.jp/blog/



折り畳み部(取り外し後)-700.jpg

折り畳むと、160×140センチのテーブルになります。

折り畳み部(取り付け後)-700.jpg

ヒンジを見えなくしました。

折り畳み部(ボルト部分)-700.jpg

天板下からボルトで固定します。


こんにちは!

前々からご相談を頂いておりました、大型のダイニングテーブルですが、ご自宅の設計が終了し、ようやくテーブルのサイズも確定致しました。

何と奥行は140センチ!になります。


スクエアのダイニングテーブルの場合、幅よりも奥行のサイズによって豪華さは歴然と差が生じます。

具体的には、200×80センチのテーブルと、160×100センチのテーブルでは、どちらが豪華なイメージかというと、意外かと思いますが、160×100センチになるかと思います。(この辺りは、個人的な感覚の問題もありますが・・・)

以前、奥行が120センチのテーブルは製作したことがあるのですが、びっくりするくらいに大きかったのを記憶しております。

今回のこのテーブルの場合、奥行が140センチですので、「もう、笑うしかない(?)」レベルの大きさだと思います。

完成が非常に楽しみなダイニングテーブルです。



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ    www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ       www.round-one.jp/blog/



斜めより-700.jpg

200×140センチの超大型ダイニングテーブルです。

別角度-700.jpg

天板の厚みも8センチあります。

200×140センチ、折り畳んだところ)-700.jpg

折り畳むと、160×140センチのテーブルになります。

200×140センチ-700.jpg

圧倒的な存在感のテーブルになると思います。



デザインを変更しました(2018年3月25日)

| コメント(0)


こんにちは!

昨日、ご紹介させて頂きましたTVボードですが、お客様のご意見により基本的なデザインを大きく変更しました。

具体的には、

1)脚の高さを25センチとし、浮遊感を演出。(高さを60センチに変更)

2)横幅は180→160センチに

これだけの変更ですが、非常にイメージは一変しました。

更にカッコ良くなったように思いますが、いかがでしょうか?



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ    www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ       www.round-one.jp/blog/



TVボード(幅160センチ)-700.jpg

高さを60センチに変更しました。

決算特別キャンペーン実施中です(2018年3月24日)

| コメント(0)


こんにちは!

3月21~30日の間、決算特別キャンペーンを実施中です。

一律に何パーセント割引・・・とかではなく、おまとめ頂いた場合などは特にご優遇させて頂きます。

基本的に、弊社はこのようなキャンペーンを決算時期以外は行っておりません。

年に一度の大型キャンペーンになりますので、ご検討頂いているお客様はお気軽にお問い合わせください。


さて、本日は、都内のお客様からご相談を頂いている、TVボードについてご紹介をさせて頂きます。


こちらのTVボード、ご覧の通り、扉の前面がフラットではありません。

私も家具屋として他社様の製品もいろいろとチェックしているつもりですが、このようなデザインは全く認識しておりませんでした。

お客様からお送り頂いた写真を見ますと、複雑そうな凹凸のそれぞれの面はフラットに見えます。


どうすればこのような形状が実現出来るのか・・・・正方形にすれば良いのか・・・高さなど特定の条件が揃えばこのような形状が実現出来るのか・・・・数学の問題を解くように、回らない頭をフル回転(?)させ、色々と考えてみました。


何とか作り上げたのが以下のイメージ画像です。

家具屋をやっていて、数学の必要性を感じたのは、今回が初めてです。



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ  www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ     www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ        www.round-one.jp/blog/



TVボード(幅180)-700.jpg

扉の表面に傾斜があります。最も高いところで5センチで作画しております。

レザーのチェアです(2018年3月23日)

| コメント(0)


こんにちは!

来週、コンテナがようやく到着する予定なのですが、今回はいつも使っているMOL(商船三井)が予約出来ず、Ever Greenという中国系の会社のコンテナを利用しております。

以前も何度か利用したことがあるのですが、天候のせい?(本当かどうか疑わしいです)で入港遅延が発生したことがあり、今回も入港してみないと安心できない状況です。

お待ち頂いておりますお客様には大変ご迷惑をお掛けしておりますが、今しばらくお待ち頂けましたら幸いです。


さて、本日はそんなコンテナの中から、背もたれもレザーの贅沢なチェアをご紹介させて頂きます。

こちらのチェアーにつきましては、クッションの下も板張りではなく、ベルト式を採用しております。

クッションの下が板張りですと、しっかりした座り心地になりますが、ベルト式になりますと、「沈み込む」イメージになります。この辺りはお好みですが、沈み込む感じが宜しければベルト式が宜しいかと思います。

下の写真は弊社工場長が撮影した写真ですが、工場長は何度教えても写真を撮るのが下手で、撮影の角度が今一つといった感じです。はやく実際のチェアを見てみたいと感じている次第です。



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ  www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ     www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ        www.round-one.jp/blog/



丸本様チェア(前面)-700.jpg

レザーのチェアです。木部はマホガニーをチョイス頂いております。

丸本様チェア(背面)-700.jpg

背面はこんな感じです。
 

決算間近!特別価格提示中です!(2018年3月21日)

| コメント(0)


こんにちは!

今日は春分の日ですが、横浜はみぞれ交じりの冷たい雨が朝から降っております。

今年は2~3月が出張ばかりで忙しく、全くホームページとかを更新出来ませんでした。

ようやく一段落したため、柾目と板目、木幅について解説したページを新たに掲載させて頂きました。

www.asli.co.jp/masame-itame-kihaba.html


なお、もうすぐ決算ということもあり、期末までにご成約頂きましたお客様には特別価格を提示させて頂くキャンペーンを開始いたしました。

詳細につきましては秘密・・・・ぜひ、お気軽にお問い合わせ下さい!



さて本日は、上記のページでも解説している、木幅とAクラスの木材について、このブログでもご説明させて頂きます。


弊社の工場があるインドネシアでは、チークの丸太の、芯の部分の木材だけで家具を製作した場合、「Aクラスのチークを用いた家具」と一般的に表現します。

何が違うかと申しますと、下の画像にもあるように、木材は芯の部分が茶色で、外側には白い部分があります。

通常、木材を余すことなく利用致しますので、外側の白い部分ももちろん材料として使用します。

ところが、このような場合、木材は白っぽい部分と茶色の部分で大きく色が分かれてしまいます。


濃い目の塗装を行えば、あまり目立たなくなってしまうのですが、明るめのカラーで塗装した場合、白い部分と茶色の部分はかなりはっきりと分かれてしまいます。

色も同一で、木目もすっきりとした縦のラインのみをご希望のお客様には、柾目の板で、かつ、芯の部分(Aクラス)だけを使って家具を製作することになります。


更に、下の画像のように、丸太が太ければ太いほど大きな木幅の板を取ることが可能となります。

仮に、Bの丸太の木幅を15センチ、Aの丸太の木幅を30センチとした場合、木幅15センチの木材を2枚継げば、Aと同じ木幅の木材が完成します。

この場合、同じ木幅30センチの木材(板)ですが、値段は非常に大きな隔たりが生じてしまいます。

もちろん、太い丸太から取った、木幅30センチの一枚板の方が高価となります。



最近は、弊社にお問い合わせ頂くお客様の層が従来とは変わってきたように感じております。

従来は、やはり「バリ」とか「アジアン」の家具が好きな方が多かったのですが、最近は「木の家具」とか、「他とは違った家具」を求められるお客様が多い様に思います。

これに伴い、使用する木材も、従来は殆ど「チーク」でしたが、ここ数年は「マホガニー」の比率が高くなってきているように感じております。


時代の変化に合わせて変化することも大切ですが、コスト高を理由に家具には適さないような、柔らかい木材を使用することだけは今後も行いたくない・・・・と考えている次第です。



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ  www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ     www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ        www.round-one.jp/blog/



hikaku-700.jpg

寄木細工のテーブルです(2018年3月19日)

| コメント(0)


こんにちは!

都内のお客様より、天板が寄木細工のテーブルのご相談を頂いております。

キャビネットの扉などに寄木細工を使うことは時々あるのですが、ダイニングテーブルでは珍しい為、こちらのブログでもご紹介をさせて頂きます。

脚部は過去に何度か製作している「複雑な木組みを利用したデザイン」で、全体的にかなり"凝った"テーブルになりそうです。

天板も厚さ7センチですので、非常に贅沢な作りです。

世界に一つだけの、完全なオリジナル・テーブルです。



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ    www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ       www.round-one.jp/blog/ 



テーブル-2-700.jpg

全体的には、白っぽい感じの塗装を予定しております。
 

Rタイプ丸テーブルです(2018年3月13日)

| コメント(0)


こんにちは!

先日、ようやくコンテナを出港することが出来ました。

最後の最後まで色々と手直しを行うなど、今回の出港は大変でした。

お待ち頂いておりますお客様、もう少々でお届けが可能です。なにとぞよろしくお願い申し上げます。


ということで、本日はそんな中から直径120センチのRタイプテーブルをご紹介させて頂きます。

最近、非常にこのRタイプが人気となっております。

サイズも60センチから180センチまで、本当に様々です。

こちらの120センチも、非常に良い感じに仕上がったように思いますが、いかがでしょうか?



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ    www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ       www.round-one.jp/blog/



R-0-120-700.jpg

非常にバランスのとれたデザインです。


こんにちは!

先日ご紹介させて頂きました、スタイリッシュなデザインのダイニングテーブルの、塗装後の写真が届きましたのでこちらでもご紹介させて頂きます。

黒に塗られたスクエアテーブルは、非常にエッジの効いたデザインで、「カッコいい!」の一言です。

個人的にはかなり気に入っております。


以前もご説明させて頂きました通り、木材だけではこのようなデザインを実現することは出来ません。

鉄骨で基本となるフレームを製作したからこそ、十分な強度が確保出来ております。

更に、鉄骨はボルト留めとなっておりますので、脚部だけ取り外すことも可能となっております。



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ    www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ       www.round-one.jp/blog/



久保様 テーブル(塗装後)-700.jpg

エッジの効いたデザインです。

こんにちは!

とあるお客様から、ディスプレイ台を兼ねたダイニングテーブルのご相談を頂きました。

過去にもこのようなテーブルは製作したことがあるのですが、写真を撮るのを失念してしまい、手元に画像がありません。

珍しいデザインですので、こちらのブログでもご紹介させて頂きます。

まだまだ細部をつめていく必要がありますが、完成が非常に楽しみなダイニングテーブルです。



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ    www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ       www.round-one.jp/blog/



スクエア・ガラステーブル-700.jpg

こちらは彫りのない、シンプルなデザインです。

スクエア・ガラステーブル(別デザイン)-700.jpg

脚部を外側に出し、天板を少し加工しております。 

スクエア・ガラステーブル(カービング付き)-700.jpg

こちらはグレープの木彫りを側面に付けております。

スクエア・ガラステーブル(カービング、別デザイン)-700.jpg

猫脚に合わせると、このような彫りも良いかもしれません。

お客様から写真をお送り頂きました(2018年3月3日)

| コメント(0)


こんにちは!

今週も出張続きで昨日深夜に帰社致しました。

出張期間中、お問い合わせ等を頂きましたお客様には、ご返信が遅くなってしまいました事を心からお詫び申し上げます。

さて、1月に引き戸を納品させて頂きました都内のお客様から、お部屋に設置後の写真をお送り頂きましたのでこちらのブログでもご紹介させて頂きます。


ご覧頂く通り、非常に落ち着いた雰囲気で素敵過ぎ(?)ます。

掛けられている書画もピッタリのイメージですし、格子越しに見えるストレリチアオーガスタもいい雰囲気です。


こちらの引き戸は、以前、都内の別のお客様の件でお世話になりました、インテリアコーディネーターの方からのご紹介で製作させて頂きました。

初めのお客様の件でも、ほぼ一軒丸々家具や建具を製作させて頂きました。

ご施主様にも喜んで頂けたようで、本当にほっといたしました。

S様、N様、この度は誠にありがとうございました。



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ    www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ       www.round-one.jp/blog/



image1-700.jpg

奥に見える二枚の引き戸を製作させて頂きました。

hikido-image2-700.jpg

格子戸越しに見えるお部屋も大変素敵です!

楕円型のテーブルです(2018年2月26日)

| コメント(0)


こんにちは!

2月は本当に出張ばかりで、なかなかブログも更新出来ません。

本日もこれから関西方面に出張で、帰社は金曜日の深夜になる予定です。

工場の方では、今月末くらいにコンテナが出港する予定ですので、現在、最終の仕上げに大わらわ・・・と言った状況です。

本日はそんな中から楕円型のテーブルをご紹介させて頂きます。

こちらの楕円型テーブル、最大の特徴は「脚部デザイン」ではないでしょうか?

ヨーロッパ系のアンティーク家具などでよく見られるデザインですが、弊社としては初めてのデザインとなります。

フラットな板状の脚部が一般的には多いかと思いますが、敢えて今回のテーブルではカーブを設けております。

クラシカルな雰囲気のあるテーブルに仕上がると思います。完成が非常に楽しみです。



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ    www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ       www.round-one.jp/blog/



河本様 テーブル(全体像).jpg

クラシカルなデザインの楕円型テーブルです。

河本様 テーブル(横より).jpg

材質は「マホガニー」になります。(色の濃いところは下塗りをしているからです)


こんにちは!

本日は非常にスタイリッシュなデザインのスクエアテーブルをご紹介させて頂きます。

どこがスタイリッシュか?・・・・写真をご覧いただきますと一目瞭然だと思います。

脚部は細く、非常に華奢な構造となっております。

これで強度は大丈夫なのか?

誰もがそのように考えると思います。

ご安心ください!フレーム部分は全て鉄骨で製作しており、その上に木材を被せております。


お部屋に搬入し易いよう、脚部はボルト留めになっております。

脚を取り外してお部屋に搬入可能です。

それでも十分な強度が確保できる構造となっております。



アジアンオーダー家具のAsli、ホームページ www.asli.co.jp

バリ島家具のラウンドワン、ホームページ    www.round-one.jp

バリ島家具のラウンドワン、ブログ       www.round-one.jp/blog/



久保様 テーブル-700.jpg

非常にスタイリッシュなデザインのスクエアテーブルです。

スクエアタイプ(裏側構造)-700.jpg

こちらが元になったイメージ画像です。

アイテム

  • bessou-2-700.jpg
  • bessou-700.jpg
  • l-type table-700.jpg
  • 扉オープン-700.jpg
  • 扉クローズ-700.jpg
  • IMG_1921-3-700.jpg
  • 楠本様 TVボード-700.jpg
  • 楠本様テーブル-2-700.jpg
  • kou-table-700.jpg
  • l-type table side -700.jpg
Powered by Movable Type 5.2.10